2011年01月09日

生理前に濃くなる目くま


■生理前に目の下のくまが濃くなる?
 生理前の目クマ、気になりませんか?

5.gif
■生理前になると、目の下のクマが濃くなりませんか?
生理前になると、目元のくまが濃く見えることはありませんか?
これは、生理前になると分泌される「黄体ホルモン」の影響なのです。
この黄体ホルモンが分泌されている期間は、肌荒れやにきびなど、お肌に様々な影響が出やすくなります。目の下のくまも例外ではなく、体質的なものもありますが目元のくまやくすみが濃くなってしまいがちです。


■黄体ホルモンって何?
「黄体ホルモン」とは、女性ホルモンの1つで排卵後に分泌されるホルモンのことです。
排卵後、次回の月経が始まるまでの約二週間の期間、いわゆる基礎体温で言う「高温期」にあたる期間に分泌量が増えます。この黄体ホルモンが分泌されている期間のことを「黄体期」と呼んでいます。

■黄体期には、目元のくまが濃くなりがちです!
黄体ホルモンは、皮脂分泌を活発にするホルモンです。そのために、この黄体期にはニキビや吹き出物が出やすく肌トラブルが起こりやすくなります。また、黄体期には体の血流も悪くなり、胃腸の働きが低下ぎみになったり、もともと血行不良が原因となって起こっている目の下のくまも更に濃くなったりしてしまいます。

■黄体期は、スキンケアや生活に気をつけてのり切りましょう!
黄体期のお肌はデリケートで敏感になっているためにトラブルが起こりやすくなっていますが、この期間をのりきればお肌は再び安定してきます。普段以上にスキンケアに気を配ることで肌荒れを起こさないように対策してすごしましょう。目くま対策としては、できるだけ体を動かすように心がけて血流を良好にしましょう。青くまはもちろんのこと、お肌のくすみ対策にもなります。また、茶くまでお悩みの方はシミが出来やすい期間でもありますので、紫外線対策をきちんとして茶くまの色素沈着を今以上に濃くしないように気をつけましょう。万全なUV対策とともに、紫外線の影響を受けにくくするためにも保湿ケアをしっかり行いましょう!58.gif








posted by Mekuma at 15:28| 目の下のくま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

カシス効果で目の下のくまを解消!


■カシス効果で目の下のくまを対策!
  カシスポリフェノール、アントシアニンで目くま対策!

2.gif
■カシスは古来から薬用として使用されている成分です!
カシスは、古来から薬用成分として様々な用途に用いられてきました。
その効用の中でも、最近注目されているのが目元のクマを改善する作用です。
目の下の青黒いクマは、目の周りの血行不良が原因となって起こります。
カシスには、この目クマ原因である目元の血行不良を改善してくれる作用があるのです。

■カシスポリフェノールで目元の血行不良がスムーズに!
カシスには、「カシスポリフェノール」と呼ばれる成分が豊富に含まれています。
このカシスポリフェノールには、末梢神経の血管を拡張させて血流を活発にする働きがあります。
この働きによって、目元に停滞してクマの原因となっていた血液がスムーズに流れだし、新鮮な血液が目元に流れ込みます。
青黒い目クマの正体は停滞して黒ずんだ血液の色ですので、それがカシスポリフェノールによって解消されることで、目くま部分の血色が良くなり目の下のくまが解消されていきます

また、カシスの有効成分の大部分は胃で吸収されます。その結果、カシスの効果には即効性があると言われています。早ければ約15分程度で顔面の血流が良くなるという研究データもあります。

■カシスは眼精疲労対策にもおすすめです!
目くまの予防・改善のためには、眼精疲労を起こさないこと、溜めないことも大切なポイントです。
なぜなら、眼精疲労は目の周りの血行を滞らせて目元のクマを作る原因となってしまうからです。

カシスには、眼精疲労を和らげて目の周囲の血流を良くする働きがあります。
カシスに含まれるアントシアニンが、眼精疲労の回復に有効に作用するのです。特に目のピントを合わせる毛様体筋の緊張を緩和してくれる作用が目の疲れを回復するのに効果的に作用します。カシスに含まれるアントシアニンの量はブルーベリーの約3倍と言われています。

目の緊張や疲れは目元の血流を悪くして目のくまができる原因となります。眼精疲労を溜め込まないように目元の健康に気を配ることも目くま対策の基本となります。

                   59.gif










美肌のつぼ

posted by Mekuma at 12:29| 目の下のくま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

目のくまを解消する生活習慣とは?


■目のくまを解消する生活習慣
 日常生活を見直して目くまを改善!

2.gif
■目くまの解消は、生活習慣の改善から!
目の下にできるクマは、目の周りの血行不良が原因となっている場合が多いものです。
このタイプの目くまは、目元の血流を促進してあげることで改善されていくものです。
まずは、日常の生活習慣を見直して血流を悪くしている原因を改善していきましょう。


■喫煙は目くまの原因となります!
たぱこを吸う習慣はありませんか?喫煙は毛細血管を収縮させて血行を悪くしてしまいます。
喫煙によって目元の血流が悪くなることも目くま発生の一因となってしまいます。
喫煙の習慣のある方は、禁煙あるいはできるだけたばこを控えるようにしましょう。


■睡眠不足は、目クマの天敵です!良質な睡眠をとりましょう!
目の下のくまをつくらないためには、十分な睡眠をとることが大切です。
人は睡眠不足になると、自律神経のうち緊張しているときに作用する交感神経が過度に働きます。
その結果、血管が収縮してしまい血流がわるくなって目のくまの原因となってしまいます。
理想的な睡眠時間は1日7時間などと言われますが、忙しい現代人にはなかなかむずかしいかもしれません。7時間の睡眠は難しいでしょうが、できるだけ規則正しい時間に就寝し、、短時間でも良質な眠りがとれるように工夫してみましょう。

■ストレスも目のくまの原因になります!
見逃しがちですが、ストレスも目くまの原因となってしまいます。人はストレスを感じるとそれだけで血の流れが悪くなってしまいます。趣味をもったり適度な運動で体を動かすなど、上手にストレスを発散して溜め込まないようにしましょう。

■ゆったり入浴をして目くまを解消しましょう!
目のくまを解消するためには、入浴をシャワーで済ませずに湯船につかって暖まるようにしましょう。入浴は血行を良くするとともに、気持ちをリラックスさせて自律神経のバランスを整える効果があります。ただし、熱すぎるお湯は心臓に負担がかかり、脳を目覚めさせて寝付けなくなることもありますのでぬるめのお湯にゆったりとつかるようにしましょう。心身共にリラックスして心地よい眠りが訪れます。
60.gif








気になる体臭を予防しましょう

目元が気になる人のためのクリーム
posted by Mekuma at 16:59| 目の下のくま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

さまざまな目くまの原因


■さまざまな目くまの原因
  あなたの目くまはどの目クマですか?

4.gif目元にクマができる原因には、どのようなものがあるのでしょう?
よくある目くまの原因についてお話します。
あなたの目クマ原因はどれにあたるのかを考えてみましょう。


■目の周りの血行不良が原因の目くま(青くま
現代人は、パソコンなどのOA機器を始め、仕事でもプライベートでも目を酷使することが多くなりました。
長時間の目の酷使は、目のまわりの血液循環を悪くしてしまいます。
また、睡眠不足や疲労、冷え症、ストレスなどによっても目元の血流を悪くしてしまいます。
それが目の下のくまの一因となります。
血液の循環が悪くなると、血液が酸素不足を起こしてどす黒くなります。
目の周りの皮膚は他の皮膚と比べて非常に薄いために、滞った血液が透けて目隈となって見えてしまうのです。

■色素沈着による目のくま(茶くま
しっかりとしたアイメークを長年していると、化粧品の成分やメイク時の摩擦などで毎日刺激を与えることとなって、目の周りに色素沈着が起こります。クレンジングの摩擦、フェイスマッサージの摩擦、目を擦るクセ、紫外線なども色素沈着の原因となり、目元が茶色や黄みがかった色に変色して茶クマとなります。


■小じわや目元のたるみによる目のくま(影くま)
目の疲れや加齢などによって、目の下がぷくっと膨らんだり、目がくぼんだり、小じわがよったりすると、目の下に影ができます。目の下にこのような黒い影ができることによって目くまのように見えるのが影クマです。

■病気の前兆としての目くま
睡眠をしっかりとっているのに、目のくまがなかなか消えない。
黒ずんだシミのように見えたり、疲労感が強い、全体的に顔色が悪い、痩せてきたなどの症状がある場合、何らかの病気の前兆ということも考えられます。
慢性の肝臓病・腎臓病、糖尿、甲状腺の異常、バセドウ病などの初期に、疲労感や体重減少の症状と共に目のくまが現れる場合があります。青くま・茶クマ・影くまに当てはまらない方で心当たりのある方は、一度医師の診察をお受けになることをおすすめします。
56.gif









posted by Mekuma at 18:05| 目の下のくま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

茶くまの改善は原因を特定して根気良く!


■茶クマはちょっとやっかい!
  生活習慣の見直しからはじめましょう!

2.gif目の下が黄味がかった茶色になってしまう「茶くま」は悩みのたねです。
老けて見られたり、どこか生活に疲れて見えたりと印象で損をしてしまいがちです。
茶くまを作らないためにはどうしたらよいのでしょうか?
茶くまを解消するためにはどうしたらよいのでしょうか?

■茶クマは改善しにくい目くまです!
目の下のくまには種類があります。
青くま・茶くま・加齢型の目くまの3種類です。このなかで最も改善しにくいと言われているのが「茶くま」です。
なぜならば、茶クマの原因となっているのが色素沈着だからです。
青クマのように、血行不良が原因ならば血流を良くすることで解消できますが、皮膚の色素沈着である茶クマの場合はすぐに改善というわけにはいきません。長期的なスキンケアが必要となります。

■茶くまの原因を特定することが大切!
更に、茶くまの改善対策でやっかいなことは「原因の特定」です。
茶くまをつくる原因というのは1つではありません。
・紫外線による色素沈着
・クレンジングの摩擦
・洗顔時の摩擦
・乾燥による色素沈着
・過度のマッサージ
・肌に合わない化粧品による刺激
・目をこする癖・・・・・などなど

実に様々なことが、茶くま発生の原因となっているのです。
茶くまを改善するためには、まずは何が原因なのかを特定し、その原因を取り除くことが大切です。

■茶くまの改善に必要なのは「根気!」
以上のように、茶くまを改善するためには長い時間が必要になります。
まずは、原因を特定すること。そして、その特定できた原因を取り除いた生活習慣に変えること。
そうやって新たな色素沈着を作らないことに徹した上で、美白ケアを根気良くやっていきましょう。
途中であきらめたくなったり挫折しそうになるかもしれません。
しかし、私達の皮膚は回復能力をもっています。
時間がかかっても、生活習慣を見直し、丁寧なスキンケアを続けていくことで茶くまの回復は十分可能です。
あきらめずにケアをしていきましょう!

15.gif






posted by Mekuma at 18:19| 目の下のくま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。