2014年05月28日

茶くまの改善は気長に長期戦で!

茶くまの改善は気長に長期戦で!
茶くまの改善は、あきらめずに続けることが大切!

2.gif
目元のクマの中でも、茶くまは改善しにくい目くまと言われています。
なぜならば、茶クマの原因というのが目元の皮膚の色素沈着だからです。
にきび跡や虫刺されの色素沈着がなかなか消えなかったりするのと同じで、
茶くまの色素沈着も元通りの肌色に戻るのには時間がかかるのです。

■色素沈着の改善には時間が必要!
色素沈着のケアというのは、今日から対策を始めたからといって、すぐに結果がでるものではありません。毎日丁寧にケアをしつつ、ターンオーバーで色素沈着が抜けていくのを待つしかありません。

そして、このターンオーバーのサイクルにも個人差や年齢差があります。
一般的には約28日周期と言われていますが、これは若い人の場合です。
30代〜40代では、45日程度はかかると言われています。
年齢が進むにつれてターンオーバー周期も長くなるのです。
このことからも、茶ぐまの改善には時間がかかることがわかっていただけるでしょう。


■茶クマのケアはあきらめず丁寧に続けましょう!
でも、あきらめることはありません。
にきびの跡も虫刺されの跡も、いつまでも残ってはいませんね。
気づけば、いつしか消えてしまっています。
茶グマのケアも同じことです。
スムーズなターンオーバーを促すケアと美白ケアを毎日丁寧に続けていけば、
頑固な茶くまも、徐々に改善されていきます。
なかなか結果が見えてこないとしても、「あきらめず続けること」が大切です。
                       57.gif


2f.gif


2f.gif





logo2k.gif


>>目クマを上手に隠すコンシーラーの色選び→
コンシーラーを使って、目クマを自然に、かつしっかりと隠すためには、目くまの見え方によってコンシーラーの色を使い分けるのがベストです。自分の目の隈にあった、適切な色を塗ることで自然な目くまカバーができます。目くまタイプ別おすすめなコンシーラーの色とは・・・・・

>>目くまの種類について→
目の下の隈は、その症状や原因の違いから、「青くま」「茶くま」「影くま」の3つのタイプに分類されます。当然、その対策方法も事なるということです。間違った対策をしてしまうと、目くまが改善するどころか、今ある目くまを更に悪化させることにもなりかねません!まずは、自分の目くまがどのタイプにあたるのかをしっかりと見極めましょう。・・・・

>>ストレスも目くまの原因になります!→
青くまの原因は目の周りの血行不良です。ストレスで体の血流が悪くなると、当然目の周りの血行も悪くなり、青くまが現れるのです。また、すでにできている茶くまなどのクマも肌がくすむことで一層濃く見えてしまいます・・・・

>>マッサージが目くまを悪化させるかも!→
目の下のくまを解消したい時に、マッサージケアをするのは有効です。
マッサージをすることで、目の周りの血行が良くなり、目元が明るくなります。ただし、茶ぐまの場合は、基本的にマッサージケアは避けた方が無難です。そもそも茶くまの原因は、目元への刺激による色素沈着です。力の加減が難しいセルフマッサージは、必要以上の刺激となって、今ある茶くまを悪化させたり、新たな目クマを作ることにもなりかねません・・・・

オラクル化粧品

posted by Mekuma at 15:17 | TrackBack(0) | 茶くま対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。